お仏壇の選び方

安置場所とサイズ

お仏壇は仏間に安置するのが一般的ですが、もし仏間がない間取りの場合は、床の間に安置します。床の間は元々、仏様を祀る場所。江戸時代中期以降、お仏壇が普及することで、床の間から仏様が独立して、お仏壇と共に仏間に納まりました。床の間に香炉を置くのは、床の間に仏様を祀っていた名残だそうです。
また、床の間はあるけれどそこにはお仏壇を納めたくない、もしくは仏間も床の間もないという場合は、清浄でご家族が親しみやすい場所に安置しましょう。マンション等で和室がない場合には、家具調のお仏壇もございます。

お仏壇を安置する方向

お仏壇の方向はそれほど気にする必要はありません。
その理由は、仏教そのものが方角についてあまりこだわらないため。方角に関する縁起は、仏教が成立したずっと後、中国で考えられた「易学」の影響を受けています。仏教も易学も中国から伝来したため、混同されがちですが、全く別な考え方なのです。むしろ対立していると言ってもいいかもしれません。
お仏壇の方向については諸説ありますので、3種類の説とその根拠をご紹介します。

西方浄土説
西方浄土説

「西方浄土」と言い、お浄土(仏様の住んでおられるところ)は西の方角にあると言われています。お仏壇を東向きに設置すると、私たちがお仏壇を拝む時には西向き座ることになります。お仏壇を通して、西の彼方にある仏様を拝みましょうという説です。

本山説
本山説

本山のある方向に背を向ける形で、お仏壇を安置します。お仏壇を拝むときに、本山のある方角に正対する事ができるという説です。

南向き説
南向き説

昔から鬼門と言われる北の方角からの敵から一家を守ると言うことで、南向きに安置するという説です。

岐阜地方の場合、本願寺系の信者が多いので、京都にある本山の方角は西。つまり西方浄土説と本山説が矛盾しません。そのため、東向きに安置するのが一般的とされています。
ただ、そうでなければならない、ということではありません。お仏壇を北向きに安置する説はありませんが、これも北向きが悪いという事ではありません。通常、お仏壇を北向きに設置するためには、家の南側からの採光を犠牲にしなければなりません。そうなると、部屋全体がお仏壇のために暗くなってしまう、それを避けるための生活の知恵なのです。部屋の南側が壁であれば、北向きにお仏壇を安置してもかまいません。
方角にとらわれて不便な場所に安置し、生活そのものまで犠牲にする必要はありません。仏様はどちらの方角にもいらっしゃると断言されるお寺様もいらっしゃいます。優先すべきは、お仏壇を安置する方向ではなく、家の構造上しかるべき場所で、家族全員で仏様を大切に拝む気持ちではないでしょうか。

安置場所の採寸方法

お仏壇を安置する場所とお仏壇そのものの大きさは、とても大切な問題です。ご来店いただく前に、必ず安置場所の採寸を行ってください。安置場所の寸法が分かれば、お仏壇の選び方やご相談にも的確に対応させていただくことができます。
必要となるのは、安置場所の幅、高さ、奥行です。特に仏間や床の間に収める場合は3つの寸法を正確に測りましょう。

幅の図り方
幅の図り方
観音開きがついている場合
観音開きがついている場合
高さ・奥行きの図り方
高さ・奥行きの図り方

安置場所とお仏壇の大きさ(カタログ寸法)の関係

安置場所とお仏壇の大きさ(カタログ寸法)の関係

一般的にお仏壇のカタログの表示寸法は右図のように、仏壇の扉を閉めた状態で一番広い部分の寸法が記載されています。
ただ、お仏壇にお参りする時は、当然お仏壇の扉を開ける必要がありますので、カタログ寸法より余裕が必要です。幅は、前開きのお仏壇の場合でカタログ寸法より10cm以上、三方開きのお仏壇の場合ですと最低でも30cm程度余裕が必要となります。仏間に観音開きの唐紙がある場合は、唐紙を開けた内側の寸法で比較してください。
奥行きは、仏間のうちのり寸法が1cmでも余裕があれば大丈夫です。仏間の奥行きがお仏壇より狭い場合は、仏間手前の床ブチまで使用する場合もあります。それでも足りない場合は、お仏壇がはみ出た部分の下に床ブチと同じ高さで、手前だけの下台輪を作って納める場合もあります。どちらにしても仏間開口部の高さよりお仏壇が大きい場合は、納めることができません。

仏間開口部の高さとお仏壇の高さが同じになると良いのですが、なかなかそうはいきません。ナゲシ(落とし掛け)がお仏壇にかかってしまう場合、10cmくらいでまでであれば見栄えは変わりません。お仏壇は座って見上げるものですから。逆に仏壇の高さが足りず上が空いてしまう場合は、少しぐらいであれば問題ありませんが、あまり開きが大きくて仏間天井や奥の壁が見えてしまう場合は、お仏壇の色に合わせた下台輪を作り、お仏壇の高さを高くすることも可能です。

標準的な仏間の設計

これから新築をされる場合は、仏間を標準寸法で設計すると、仏壇購入時に幅広い品揃えの中から選ぶことができます。地方によって標準仏間に差があることもあり、設計士さんは意外と標準仏間寸法をご存じ無いことも。そればかりか、当面、施主さんにお仏壇の購入予定がないと、他の部分の設計のしわ寄せを仏間で帳尻合わせする場合もあるそうです。施主さんも設計士さんも仏壇寸法に関心がないまま、「仏間らしきもの」を作ってしまうと、数年後、お仏壇を買う時になって、仏間に入るお仏壇がどこに行っても売っていない、ということになってしまいます。

そうならないためにも、岐阜地方を中心に標準的な仏間寸法をご紹介いたします。家を新築されるときは、プリントアウトして設計士さん、大工さんにお渡しください。建築用語を多用してますので、一般の方には解りづらいかとも思いますが、専門家ならしっかり理解していただけると思います。